日本は日本人の国です。たくさんの情報をまとめてあります。時間のある時、じっくり見てください。

MENU

韓国民団の創設者は、皇太子暗殺を謀り、大逆罪で服役したテロリスト


韓国・民団の創設者は、関東大震災で皇太子暗殺を謀り 大逆罪で服役したテロリスト、朴烈です。
これは民団が決して日本人には知られたくない事実です。 これが知られると、民団が発足当初からテロリスト集団とバレてしまうからです。
日本人はこのことも併せて覚えておきましょう。 *補足 b11e18cf698b36350669487f12c28fe1

朴烈(日本語読み;ぼく れつ、朝鮮語読み;パク・ヨル、1902年2月3日 – 1974年1月17日)は、 大正時代の朝鮮の社会運動家、ニヒリストで、無政府主義者である。朴烈事件の被告。
本名は朴準植(パク・ジュンシク、박준식)と言い、朴烈は書名。在日本大韓民国民団の初代団長で、 韓国に帰国後、朝鮮戦争で捕虜となって北朝鮮に連行され、容共に思想矯正された。 詳細不明だが、そこで後に処刑されたと言われている。 http://ja.wikipedia.org/wiki/朴烈

朴烈事件(ぼくれつじけん)とは、1923年に逮捕された朝鮮人無政府主義者朴烈と
その愛人(内縁の妻)である日本人の思想家金子文子が皇室暗殺を計画したという
大逆事件と、その予審中の風景を「怪写真」として世間に配布させて野党の立憲政友会が政府批判を展開しという、付随する出来事である。朴烈・文子事件とも言う。

1923年9月1日に起きた関東大震災の2日後、戒厳令下に朝鮮人が民衆によって
私刑を受けた震災後の混乱期に、朝鮮人無政府主義者・朴烈と愛人の金子文子が
治安警察法に基づく「保護検束」の名目で検挙され、東京淀橋警察署に連行された。

当時の警察・司法当局は、かねてから朝鮮民族主義と反日運動を主催してきた朴が
「朝鮮人暴動」を画策し、爆弾テロを企図していたとして、朝鮮人殺害に対する国際的非難を浴びた場合の弁明や私刑に参加した日本人が起訴に至った場合の情状酌量を与える大義名分とすることで事態を収拾することを計画していた。

予審を担当した東京地方裁判所判事立松懐清は、翌1924年2月15日に両名を
爆発物取締罰則違反で起訴したが、司法当局は朝鮮独立運動家や社会主義者らへの
威圧を目的として、起訴容疑を大逆罪に切り替えることとし、立松もこれに同意した。

一方の朴も「(関東大震災がなければ1923年秋に予定されていた)
皇太子裕仁親王の御成婚の儀の際に、大正天皇と皇太子を襲撃する予定であった」
とする大逆計画を認める素振りをした。

これについては、収監中の朴烈と文子が並んで予審法廷に立てられてなおかつ取調中に
朴の膝に金子が座って抱き合うという行為に出ても立松らが見てみぬ振りをするなど、

「大逆事件を告発した司法官」としての出世を望む立松と「朝鮮民族独立の英雄」としての名声を得て死ぬ事を希望した朴の思惑の一致があったとする説もある。

朴烈は1925年5月2日に、文子は同年5月4日に、それぞれ大逆罪に問われて起訴された。

翌1926年3月25日、両者に死刑判決が下され、続いて4月5日に「天皇の慈悲」と言う名目で恩赦が出され、共に無期懲役に減刑された。

ところが、朴烈は恩赦を拒否すると言い、文子も特赦状を刑務所長の面前で破り捨てた
と言われる。

http://ja.wikipedia.org/wiki/朴烈事件


大逆罪(=皇室に危害を加えようとした罪を意味する)を受けたという知名度を用いて、在日朝鮮人の組織の結成を目指して1946年に新朝鮮建設同盟を結成して委員長となり、同年10月3日に在日本朝鮮居留民団を結成して初代団長に就任した。

http://ja.wikipedia.org/wiki/朴烈

カテゴリー

Count per Day

  • 1231368総訪問者数:
  • 576今日の訪問者数:
  • 450昨日の訪問者数:
PAGETOP
Copyright © Real Japan All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.