日本は日本人の国です。たくさんの情報をまとめてあります。時間のある時、じっくり見てください。

MENU

朝日新聞の捏造報道


■朝日新聞 磯貝記者「おれを誰だと思ってるんだ」

YouTube Preview Image

■朝日新聞前主筆「普通の日本人は右傾化してない」「独島は日本が譲歩すると良い」

(ソウル=聯合ニュース) 若宮啓文(わかみや よしぶみ, 65)前朝日新聞主筆は最近の日本の動き
について「平均的な普通の日本人は右傾化していない」と話した。

若宮前主筆は14日午後、ソウル大国際大学院の建物で「日本右傾化の実体と韓日関係」を主題
に開かれたセミナーで「安倍晋三内閣の人気は‘アベノミクス’に対する支持だけで、安倍の右傾
化の動きに対する支持ではない」としてこのように主張した。

彼は「日本右傾化論に多様な根拠があり、そのため危険に見えるけれども詳細に見れば事情は
違う」としながら神社参拝、村山談話論議、独島(ドクト、日本名:竹島)問題などに両面性があると
説明した。神社参拝については「神社は戦争に命を捧げた兵士たちの霊も祭っている」としながら
「遺族や普通の国民もそこ行けば自然に祈る。別に問題ないようだ」と話した。

引き続き「政治家たちが集団参拝するのは変なことだがA級戦犯参拝が目的ではない」として「本
来、首相・外相・官房長官などは参拝しないのが良いといった不文律があるが、麻生太郎副総理
の参拝はバカなことだった」と話した。

戦争責任を認めた村山談話継承問題の場合「1998年の日韓共同宣言に引用されたし同年の日
中共同声明にも似た内容がある」としながら「否定するなら日韓、日中関係を完全に破壊するから
安倍政権がこれを否定することはできないだろう」と予想した。

独島問題については韓日が互いに刺激してはいけないという見解を示した。彼は「日本としては
戦争して自国領土化できず、ずっと韓日関係の瑕疵として維持するのも難しいから譲歩するのが
良いのではないか」として「ただし、韓国も(日本の)そのような決断を評価し、それが友情のあかし
になって独島が友情の島として残ったら良いと思う」と話した。

若宮前主筆は1970年、朝日新聞に入社して政治部長、論説委員、論説主幹、主筆などを歴任し
て去る1月退任した後、韓国へ渡ってきて韓国語を勉強しながらソウル大日本研究所客員研究員、
東西(トンソ)大客員教授などで活動している。日本の代表的な知韓派ジャーナリストであり自由
主義論客に通じる。この日の講演の大部分は若宮前主筆の意志で韓国語で行なわれた。

ソース:ファイナンシャルニュース(韓国語) 前朝日新聞主筆「普通日本人は右傾化しなくて」
http://www.fnnews.com/view?ra=Sent1201m_View&corp=fnnews&arcid=13061420590965&cDateYear=2013&cDateMonth=06&cDateDay=14

■朝日テレビ 報道ステーション 世論誘導?


■橋下市長の慰安婦発言、米国は本当に痛烈批判しているのか?

慰安婦発言で物議を醸している橋下徹 大阪市長。果たして米高官による「不快」発言は、どのような文脈で行われたのか。会見の様子を基に、日本メディアがどのように伝えたのかを検証する。

 

 

■韓国は在韓米軍に「慰安婦(売春婦)」を提供していた…ニューヨーク・タイムズが1面で報じるも朝日新聞は黙殺

◆「韓国」は在韓米軍に「慰安婦」を提供していた! 

ロクな調査もせずに発表された時の官房長官談話によって、今でも韓国から非難され、謝罪を要求され続けている旧日本軍の「従軍慰安婦」問題。が、ここにきて、その韓国政府自らが、かつて在韓米軍に「慰安婦」を積極的に提供していたとの証言が飛び出した。

<元売春婦らが、韓国と米国が基地付近の売春を可能にしたと述べる>――。今月8日、米紙『ニューヨーク・タイムズ』が、こんな見出しの記事を掲載した。同じ記事は同紙傘下の『ヘラルド・トリビューン』紙翌日付にも掲載されているが、いずれも国際面と1面で半分近くの分量を割いた記事だ。執筆者は、両紙のソウル特派員である崔相薫(チェ・サンフン)。

<韓国は長年にわたって、旧日本軍向け売春施設で韓国やその他の地域の女性が働かされていた戦時下の最も醜い歴史の一章、いわゆる従軍慰安婦問題について、日本政府がその責任範囲を曖昧にしていることを厳しく批判してきた>という書き出しの後 、記事はこう続いている。

<そしていま、今度は、韓国の元売春婦グループが、北朝鮮から韓国を防衛していた米軍兵士を相手に、自分たちにセックスをするよう奨励するという、別種の虐待を行なったとして、自国の元指導者を告発した。彼女たちはまた、韓国の歴代政権および米軍が、1960年代から1980年代にかけてセックスビジネスに直接かかわり米軍兵士が性病に罹らないように売春が行なわれるよう、性病検査および治療体制を共に構築したとして、利用者を告発している><これらの女性たちは、(中略)韓国自体の歴史を厳しい目で検証することをせずに日本からの賠償を求めるのは偽善だと、歴代韓国政府を非難している>

そして崔記者は実際に米兵士相手の「慰安婦」だったという金愛蘭(キム・エラン)さん(58)に取材し、<韓国政府は、米軍相手の大手売春斡旋業者でした>という指摘や<政府はGI相手にできるだけたくさん商売するよう熱心に奨励し、私たちを“ドルを稼ぐ愛国者”として賞賛したのです>との悲痛な訴えを引き出し、さらに、他にも7名の元「慰安婦」らに取材した結果、<米韓当局は、番号札を用いて女性を識別し、兵士達がセックスの相手をより容易に見分けられるよう、売春宿に番号札の着用を強要していたと女性たちは述べる><性病に感染していると見なされた売春婦たちを韓国警察が連行し、女性たちによれば、窓に鉄格子がはまったいわゆる“モンキーハウス”と呼ばれる監視施設に監禁したという。この施設で、売春婦らは性病が治癒するまで治療を受けることを強要されたという>などの証言も得られた。

同紙が独自に韓国および米国の公文書を調査した結果、<これら公文書の中に、女性たちの主張の多くを裏付けるものが見つかった><韓国では売春は違法であるにもかかわらず、基地付近での売春を韓国も米軍も容認していた、何十年にもわたり明らかであった>とも指摘。この後、記事は元韓国政府の役人、内務省副大臣らの過去の証言、それに研究者らの解説も載せ、最後に、<名字だけを公表するという条件で取材に応じてくれたジョンさん(71)>の、こんな叫びで締め括っている。<自分の人生について考えれば考えるほど、私のような女性は、わが国と米国との同盟関係の最大の犠牲者だという気持ちが強くなってきます。振り返ってみれば、私の身体は私のものではなく、韓国政府、そして米軍のものであったと思います>当事者の証言や関係者の取材、そして独自調査も踏まえた、なかなか読み応えのあるスクープ記事なのだ。

■脇雅史議員が朝日新聞の捏造を厳しく批判!! 平成25年2


 

 

■中山議員が国会で使用した朝日が捏造した慰安婦資料

 

■朝日新聞の不祥事年表

 

朝日新聞が捏造した従軍慰安婦問題

 

 

カテゴリー

Count per Day

  • 1260885総訪問者数:
  • 903今日の訪問者数:
  • 439昨日の訪問者数:
PAGETOP
Copyright © Real Japan All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.