日本は日本人の国です。たくさんの情報をまとめてあります。時間のある時、じっくり見てください。

MENU

朝鮮戦争の真相


■この李承晩 ラインを見よ!

ライン

朝鮮戦争は、北朝鮮の一方的な侵略ではない。朝鮮戦争の元凶は、それこそ韓国(当時は李承晩政権)の南侵領土拡大策の野望。

朝鮮戦争の真相は、社民党(旧社会党、日教組、総評など)によって隠され、歴史の歪曲がされたまま、特に団塊世代以上では殆どの国民が、韓国情報機関のスパイ工作員らによって、「マインドコントロール」、「洗脳」されたままになっている。

1947年以降、ポツダム宣言を受けたサンフランシスコ講和条約草案(特に日本の小島嶼の領有権に関する条項)過程で、韓国の李承晩政権は活発に米議会でのロビー活動を展開しながら、米国政府に対しては(サンフランシスコ講和条約草案において)、再三に亘って執拗に対馬、竹島を日本領から外すように要求していた。そこで李承晩は、国際法上、根拠のない勝手な 李承晩 LINEを引き、まず竹島を奪った。

ところが、米国国務省は、その韓国政府の要求を再三にわたって断固として拒絶していた。

ラスク書簡
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A9%E3%82%B9%E3%82%AF%E6%9B%B8%E7%B0%A1

そうしていたところ1950年1月、李承晩は正月の年頭記者会見で、対馬、竹島の領土主張の声明なし、「連合軍の一員(朝鮮進駐軍)」ということを自称し、朝鮮半島南部での大演習を装って対馬、九州北部への侵攻計画を実行に移しはじめた。

それを察知したマッカーサーは激怒して李承晩政権に警告を発した。つまり、「もし韓国が、国連軍による占領統治中の地域に軍事進駐するなら在韓米軍は朝鮮半島から引き揚げる。」とである。

李承晩は「北の脅威」を「同胞」として甘く見ていて、その警告を無視して韓国軍主力を朝鮮半島南部に大移動を始めた。対馬に攻め込もうと軍隊動かした訳で、もう少しで対馬侵攻が始まる寸前だった。それを見て激怒したのはマッカーサーだけではなかった。それまでの韓国政府(李承晩政権)の執拗な、対馬、竹島に関する要求を知っていた国務省も激怒した。それでマッカーサーの警告を後押しする意味で、アチソン国務長官は「朝鮮半島は米国の守備範囲でない。」旨の声明を出した。

アチソンライン

アチソンライン

黒い線が当時のアチソンラインである。この内側が米国の守る範囲と表明した為、半島は米国防衛範囲外 とされた。(ピンクは現在の米国防衛範囲、青は海上交通路)

韓国軍主力の殆どが半島南部に移動していて、38度線の韓国軍側防御が手薄になっていたことに加えて、米国国務省の「韓国は守備範囲でない。」その旨を聞いた北朝鮮金日成(キムイルソン)とスターリンは小躍りして喜び、南侵策を決行することにした。

対馬に攻め込もうと韓国軍主力を朝鮮半島南部に動かした所で北朝鮮に突かれたのである。

それが朝鮮戦争の真相だ。

 その結果、狂人一人の為に600万人が殺された。
38b9a78effbe82123fdacc1e303cb94c
Acheson_line

1949年
にアチソンは、マ-シャルの後任として、国務長官に任命された。アチソンは国務長官として共産主義の封じ込め政策を継続し、NATOの結成に尽力した。極東地域でも1950年1月、日本・沖縄・フィリピン・アリューシャン列島に対する軍事侵略に米国は断固として反撃するとした「不後退防衛線(アチソン・ライン)」演説を示した。

ただし、この演説は台湾・朝鮮半島・インドシナなど除外地域については明確な介入についての意思表示を行なわなかったことから、朝鮮戦争の誘因になったとされている。

アチソンラインJapanesePeaceTreatyMap (1)

カテゴリー

Count per Day

  • 1166696総訪問者数:
  • 45今日の訪問者数:
  • 582昨日の訪問者数:
PAGETOP
Copyright © Real Japan All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.