大阪府警など10府県の合同捜査本部は9日までに、他人名義のキャッシュカードで現金を引き出したとして窃盗の疑いで、東京都台東区、会社役員張東星容疑者(44)ら韓国人の男2人を逮捕した。フィリピンにいる指示役の下で活動する特殊詐欺集団に属するとみて調べる。これまでに同集団の70人以上を逮捕。被害は計約2億8千万円に上る。

合同捜査本部によると、昨年6~7月、他のメンバーが他人名義のキャッシュカードを使って不正に出金して得た現金数千万円が、複数回にわたり張容疑者ら2人に渡っていた。地下銀行を使ってフィリピンに送金していた可能性がある。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200209-00000045-kyodonews-soci