ことし10月、菊川市のコンビニエンスストアで、従業員に刃物を突きつけて現金およそ9万円を奪った事件で、中国人技能実習生の25歳の男が強盗の疑いで逮捕されました。

逮捕されたのは、菊川市柳に住む中国人の技能実習生、王雲飛容疑者(25)です。
警察によりますと、王容疑者は10月23日の未明、「セブンーイレブン菊川本所店」で、女性従業員に刃物を突きつけて「カネ、カネ」と脅し、従業員が開けたレジの中から現金およそ9万円を奪ったとして11月30日、強盗の疑いで逮捕されました。
従業員にけがはありませんでした。
警察が、防犯カメラの解析や聞き込みなどの捜査を進めた結果、王容疑者が関わった疑いが強まったということです。
警察は王容疑者の認否を明らかにしていません。
この店では、11月12日にも何者かが従業員に刃物のようなものを突きつけて金を脅し取ろうとする事件が起きていて、警察は手口や体型の特徴が似ていることから、関連がないか慎重に調べることにしています。

https://www3.nhk.or.jp/lnews/shizuoka/20191201/3030005024.html