14日夜、神奈川県相模原市の住宅で同居している男性を殺害しようとしたとして、フィリピン国籍の女が逮捕されました。

殺人未遂の疑いで逮捕されたのは、相模原市に住むフィリピン国籍のパート従業員、ホソヤ・ラウレン・ピンソン容疑者(60)です。

ホソヤ容疑者は14日午後9時半前、相模原市中央の自宅アパートで、同居する自称・フィリピン国籍のスダリオ・サムエル・アルコベレさん(58)を包丁で刺し、殺害しようとした疑いがもたれています。ホソヤ容疑者自身が119番通報をし、スダリオさんは左脇に軽いけがを負いました。

警察によりますと、ホソヤ容疑者は容疑を否認していて、「酒に酔って暴れるスダリオさんを止めようとして、包丁を持ちだしたところ、もみ合いになり、彼に刺さった」などと供述しているということです。

http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3778204.html