仏像盗んだ疑い男2人を逮捕
ことし2月、白浜町の寺から仏像1体を盗んだとして、男2人が警察に逮捕されました。白浜町の周辺の自治体では仏像が盗まれる被害が相次いでいて、警察は関連についても調べています。

逮捕されたのは、大阪・住之江区の派遣社員、木田秀孝容疑者(43)と新宮市新宮の古美術商、山口諭、本名・崔諭(45)容疑者の2人です。警察によりますと、2人は、ことし2月、白浜町の梵音寺の本堂に侵入し、町指定の文化財で時価およそ200万円の仏像1体を盗んだ窃盗の疑いが持たれています。

梵音寺は、ふだんは無人ですが、管理している男性が仏像が無いことに気づいたということで、警察は、周辺での聞き込み情報などから2人を特定し、逮捕したということです。調べに対し、木田容疑者は「寺の名前は覚えていないが、本堂に入って仏像を盗んだ」と話している一方、崔容疑者は、「身に覚えがありません」と容疑を否定しているということです。白浜町や串本町などでは、去年から仏像などが盗まれる被害が相次いでいて警察は、関連についても調べています。

https://www3.nhk.or.jp/lnews/wakayama/20190806/2040003332.html