東京都豊島区西池袋のカラオケ店で5月3日、乱闘騒ぎがあり男性が刃物で刺される事件が起きました。犯人は現場から逃走。

発表によりますと5月3日午後3時50分ころ、豊島区西池袋のカラオケ店の店内で、複数人の男がビール瓶などで殴り合う喧嘩が起き、男性が刃物で刺されたということです。

カラオケ店から「刃物で人が刺された」などと警察に110番通報があったことで事件が発覚。

この通報を受け警察官や救急隊らが現場に駆けつけたところ、刃物で刺された男性が大量の血を流して倒れていました。

男性は病院に救急搬送され、搬送先の病院で治療を受けているということですが、ケガの程度などについては不明。また、喧嘩をしていた数人がケガをしているということです。

刃物で刺した中国人の男は凶器を持ったまま現場から逃走しているということで、警察はさらなる犯行に及ぶ可能性もあるため注意喚起しています。

以下は、Twitterユーザーが事件現場の様子を撮影し投稿したものです。

池袋のカラオケ店で刺傷事件の現場画像

画像出典:https://twitter.com/xxBABYPUNKS/status/1124216856330379264/photo/1

現場周辺には規制線が張られるとともに、通行人らが心配そうに様子を伺い騒然としています。

Twitter上には「池袋駅前にすごい救急車とか覆面パトカーとかきてる」「すごい数の警察が現場検証してた」「池袋に居る人本当に気を付けて欲しい」「池袋で殺人事件?恐すぎる」などと様々な声が多数ありました。

警視庁は刺傷事件とみて、喧嘩をしていた男性らから事情を聴くとともに、犯人の行方を追っています。