大阪府摂津市内のパチンコ店に放火したとして、府警は11日、店の実質的なオーナーで韓国籍の田容一(56)(大阪府茨木市)、知人でパチンコ景品卸業の熊倉忠(53)(大阪市淀川区)両容疑者を非現住建造物等放火容疑などで逮捕したと発表した。田容疑者は容疑を否認し、熊倉容疑者は「(田容疑者に)頼まれ、自分が火を付けた」と認めているという。

発表では、2人は共謀し、昨年8月30日未明、閉店後の店にガソリンをまいてライターで火を付け、半焼させた疑い。店には数億円の火災保険がかけられていたが、支払われていない。府警は、保険金目的の可能性もあるとみている。

https://www.yomiuri.co.jp/national/20190311-OYT1T50238/