「自殺」主張退け「寝室で殺害 隠蔽工作も」講談社社員に懲役11年の実刑判決 東京地裁

 

東京都文京区の自宅で2016年、妻を絞殺したとして殺人罪に問われた講談社社員、朴鐘顕(パク・チョンヒョン)被告(43)=休職中、韓国籍=に対し、東京地裁の裁判員裁判は6日、懲役11年(求刑・懲役15年)を言い渡した。守下実裁判長は「妻に抵抗されても首を圧迫し続けたと認められ、危険で悪質な犯行だ」と述べた。

判決によると、朴被告は16年8月9日、自宅で妻佳菜子さん(当時38歳)の首を絞め、窒息させて殺害した。

公判で検察側が「朴被告は1階寝室で妻を殺害した」と指摘する一方、被告側は「妻は階段の手すりにジャケットをかけて首をつって自殺した」と無罪を主張した。

判決は、寝室に残っていた佳菜子さんの血や失禁の痕などを踏まえ、「被告が寝室で妻を殺害した」と認定。被告側の自殺との主張に対しては「主張に沿う痕跡が階段になく、手すりからはジャケットの繊維も見つかっていない」などとして退けた。

検察側が動機について「妻から育児や家事、被告の実母への不満などを言われて殺意を抱いた」と指摘した点について、判決は「動機の詳細は明らかではないが、突発的な事件」と認定。量刑理由に関しては「(階段での転落事故を装うなど)殺害の隠蔽(いんぺい)工作を図っており、反省しているとは言えない」などと述べた。

守下裁判長が判決の主文を読み上げた際、朴被告は顔に手を当て「していない。していません。間違っています」と発言し、裁判長から席に戻るよう促される場面もあった。講談社広報室の乾智之室長は「弊社社員は控訴の意向を表明しており、今後の推移を見守りつつ、社として慎重に対処してまいります」とのコメントを発表した。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190306-00000077-mai-soci