14日午前、兵庫県明石市にある県立がんセンターで男性の医師が治療中に患者に刃物で腹を刺されて大けがをしました。
警察は刺した患者の中国人の女を殺人未遂の疑いでその場で逮捕し、詳しい状況を調べています。

14日午前9時20分ごろ、兵庫県明石市にある県立がんセンターから「医師が患者に刺された」と警察に通報がありました。
警察によりますと、30代の男性の医師が腹を刺されて大けがをしていて、病院内の手術室で治療を受けています。
手術室に運ばれる際、意識はあったということです。
警察は女の患者を殺人未遂の疑いでその場で逮捕しました。
逮捕されたのは、中国人で神戸市垂水区の無職、周麗華容疑者(65)で、のどが痛いと訴え、横になって治療を受けていた際、持っていた刃物で医師を刺したということで、警察が詳しい状況を調べています。
調べに対し、刺したことを認めたうえで、「殺すつもりはなかった」と殺意を否認しているということです。
県立がんセンターは、病床数が400あるがん治療の拠点病院で、JR明石駅から北西におよそ2キロの場所にあります。

https://www3.nhk.or.jp/kansai-news/20181214/0010681.html