12日午前7時ごろ、東京都千代田区九段北3丁目にある靖国神社の神門前で、新聞紙が燃えるぼやがあった。警視庁公安部によると、火はすぐに消えたといい、建物に被害はなかった。

公安部は、神社の敷地内に正当な理由なく立ち入ったとして、建造物侵入の疑いで住所不詳、中国国籍の自称公務員、郭紹傑容疑者(55)を現行犯逮捕した。容疑を認めている。一緒にいた中国人とみられる女性からも事情を聴いている。この2人が火を付けたとみられる。

神社の関係者が2人の身柄を確保し、警察に引き渡した。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181212-00000047-kyodonews-soci