徳島中央署は7日、経営する飲食店内でボクシンググローブを着けた拳で従業員を複数回殴打して死亡させたとして、傷害致死の疑いで、韓国籍の洪英樹容疑者(39)を逮捕した。「スパーリングをしていて死なせてしまった。格闘技経験があり、従業員を鍛えていた」と供述している。

逮捕容疑は3月9日午前6時ごろ、洪容疑者が経営する徳島市のK-POPバーで、徳島市八万町の従業員宮内憧さん=当時(20)=に複数回殴打するなどの暴行を加えた疑い。宮内さんは翌日、搬送先の病院で死亡した。

署によると、宮内さんもグローブを着用。店内にあったものとみられる。その場にいた女性従業員が「スパーリングをしていて脳振とうを起こした」と119番した。(共同)

https://www.nikkansports.com/general/news/201811070000746.html