日本の暴力団員および資産家を装って韓国の遊興飲食店の事業主を脅迫し、料金を支払わなかった40代の在日韓国人の男が警察に逮捕された。

釜山(プサン)南部警察署は30日、47歳の在日韓国人の男を恐喝の疑いで逮捕したと明らかにした。

警察によると、男は6月15日午後10時30分ごろ、釜山海雲台区(ヘウンデグ)の遊興飲食店で一行2人と酒を飲んだ後、料金を要求する事業主の前でガラスコップを投げるなど、日本の「ヤクザ」のように振る舞いながら脅迫した。

男はこうした手法で5日間に5回・計660万ウォン(約66万円)の料金を支払わなかった。

http://japanese.joins.com/article/572/243572.html