交際相手の女性の裸の写真をインターネット上に投稿するなどして売春を強要したとして、ペルー国籍の28歳の男が逮捕されました。ペルー人のマツダ・クラビホ・ルイス・ダビー・アキラ容疑者は交際相手の女性の裸の写真をSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)に投稿して脅迫し、今年7月に東京・小平市のアパートで売春させた疑いが持たれています。

警視庁によりますと、松田容疑者は去年12月から売春や金銭を要求していました。女性が拒否したため、家のドアを蹴ったり脅迫する文書を送り付けたりするなど嫌がらせをしていたということです。取り調べに対して「売春はさせていない」と容疑を否認しています。警視庁は、松田容疑者が同様の手口で女性数人に対して売春するよう脅していた疑いがあるとみて調べています。

http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000110626.html