http://www.asahi.com/articles/ASK7T5S72K7TOIPE036.html

バイオリン工房を営んでいたノルウェー国籍の元夫(62)宅に侵入し5000万円相当のバイオリンなどを壊したとして、 愛知県警中村署は25日、中国籍の東京都江東区亀戸6、自営業、河宮碧(みどり)容疑者(34)を住居侵入、器物損壊容疑で逮捕した。 「家には入ったが壊してはいない」などと容疑を一部否認しているという。

逮捕容疑は2014年1月30日朝から同2月19日夜の間、名古屋市中村区の元夫宅に窓ガラスを割って侵入し、バイオリン54丁と弓70本(総額1億590万円相当)を壊したとしている。

同署によると、元夫宅は当時、バイオリン工房で、元夫が自作したものや趣味で集めたものを保管していた。壊されたのは、骨董(こっとう)品の5000万円相当のイタリア製バイオリン1丁、500万円相当1丁、200万円相当2丁など。逮捕容疑の期間に元夫は出張中で帰宅したところ、それぞれ穴を開けられたり、弦を切られたりしていた。

河宮容疑者と元夫は逮捕容疑の頃、離婚に向け協議中で別居していたといい、中村署は詳しい経緯を調べる。河宮容疑者も楽器関連の仕事をしており、事件後、中国への渡航を繰り返して所在が分からなくなっていた。中村署は今月24日に帰国したことを確認し、逮捕した。両容疑とも公訴時効は3年だが、国外にいる期間は進行が停止している。