関西を拠点にする韓国出身の女子プロゴルファー・李知姫(イ・チヒ)選手が、
大阪国税局からおよそ3億円の申告漏れを指摘されていたことがわかりました。

関係者によりますと、李知姫選手(36)は、日本や韓国で得た賞金などの収入を韓国で
申告し、納税していましたが、
大阪国税局から「日本に居住していて、所得税法上、日本で
納税する義務がある」と判断されたということです。


李選手は、国税局から2013年までの5年分、およそ3億円の申告漏れを指摘され、
追徴税額およそ2000万円を納付するよう求められたということです。

李選手は通算19勝を誇るトッププロで、生涯獲得賞金はおよそ9億5000万円に上っています。
8b70e7c1173875dd4a64daa4c9a6c36d

7017db594bc7bf566cc9430062024df9

(09日11:43) 12月9日(水)13時1分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/jnn?a=20151209-00000034-jnn-soci